陸稲の種まきを始めました

もし始めたら半分は済んでいる。始めなさい。(ホラティウス)

今日から陸稲の種まきを始めました。

品種は今月9日に書いたものの他にハッピーヒルうるち種と古代米・緑米です。ハッピーヒルはじねん道から、緑米は浦部農園のご好意で頂きました。

「戦捷」以外は水稲です。でも陸稲としても栽培できそうです。

緑米は蒔く前に穂をペットコームで梳きました。

ペットコームは岡野製作所の両目金櫛・大です。目の間隔が揃っています。さすが日本製は品質が違います。麦の収穫と脱穀でも使い始めました。

種まきにはタキイ・たねまき培土を利用しました。高いですが水持ちが良くて使いやすいです。

これを稲用の育苗箱(たぶん稚苗用)に半分ほど入れました。

種籾を蒔きました。蒔いた籾の品種と蒔いた場所を記録しました。

* 画像に無いトレイの部分には籾がありません。なので発芽すればトレイの向きが分かります。

ジョウロで水を遣ります。水には土壌浸透剤を加えると培土が濡れやすくて便利です。

これが土壌浸透剤です。今回は販売完了の別の製品(アースウェット5000)を利用しました。他の商品ではサチュライドが有名かもしれません。

珪藻土を用意します。商品名はモノタロウ・油吸収剤です。

珪藻土を培土の上に薄く振り掛けます。

家の庭にはナメクジがよく来ます。ナメクジは珪藻土が嫌いです。ナメクジが珪藻土の上を通るのは人がガラスの破片を裸足で踏むようなものだからだそうです。

別の育苗箱で蓋をして飛ばされないように瓦を重しの代りに載せて種まきを終えました。

この種まき法はこちら島原の農家の稲の芽出し方を参考にしました。


岡野 ONS 高級両目金櫛 大

新品価格
¥1,300から
(2017/5/15 21:28時点)

きょう使い始めたばかりです。なのでレビューは後日。

作りが良くて在庫も当分あると思われます。なので穀類の収穫と脱穀に利用するペットコームはこれがイチオシになりそうです。

□ 種まき培土20L [その他]

新品価格
¥950から
(2017/5/15 21:34時点)

ホームセンターにあればそちらが安いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする