春そばの収穫を始めました

20日から雨の日が始まりそうです。

葡萄畑のシャーマンズブルーポップコーンに雄花の穂が出ました。

春そば・春のいぶきの収穫を始めました。どう実を摘むべきか分かりません。

株の丈が低いので根ごと抜いて実とりした方が良さそうです。ペットコームはかえって不便なようです。

実を揉んでバラして篩(ふるい)で実だけ落とそうともしました。でも葉もちぎれるのでうまく行きません。

葉は湿気があるので乾かしにくいです。できるだけ葉を避けて実だけを採るようにします。

今日の収穫にかかった時間から春そばを収穫し終える時間を予想したら…12時間くらいになって青ざめました。明日あさっては大変です。

葡萄畑から小さい畑へ移動。一週間くらい穂を陰干しした小麦を脱穀しました。実がまともか確かめたかったのです。最初にチャム2小麦から。

いつものように天然ゴム手袋で揉んで殻をうちわで飛ばして12メッシュ(目の大きさ2.1 mm)のふるいでゴミを落としました。

琥珀色でふっくらした上品な実が採れました。今度は11月くらいに早く蒔いて余裕で梅雨前に収穫したいです。

次はブラジリアンラヴラス小麦です。

色が濃くて長めで細かいシワのある実が採れました。味見しましたがチャム2の方が美味しいです。

ブラジリアンラヴラスは製パン用かは不明です。でも早く実るありがたい小麦です。また栽培したいです。

左がチャム2、右がブラジリアンラヴラスです。並べて比べると品種の差が目立ちます。チャム2は粒のバラつきが予想より少なくてほっとしました。

我が国でも製パン用の小麦の品種がいくつか選べるようになりました。それでも海外の品種も栽培できるならありがたいことです。ちなみにチャム2はシリア原産の品種です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする