6/23の畑と製パン

最新の予報では明日からは雨の日が続くそうです。明日まで帰省も重なって忙しくしていました。実家への土産に畑で採れた小麦でパンを焼いたりもしました。

まずは今日の葡萄畑の様子です。昨日の記事でも触れましたがキヌアの穂が色づきました。黄色ぽかったり赤っぽかったりしています。

実も日に日に膨らんでいます。ここまで育てば最早(おなじ属の)シロザやコアカザとは違って作物に見えます。

葡萄畑の藪の中の「飛び地」に蒔いたアマランサスも順調に育っています。へその高さを越える株も現れました。穂が増えています。

まいとし収穫すれば色とりどりの花や葉を素直に愛でられるのでしょうが。とにかく無事に実が穫れますように。

畑の麦は燕麦とライ麦を残すだけになりました。ライ麦は豊作です。

大きくて実のこぼれそうな穂を優先して刈りました。袋に入れたら重かった。何キロあったのだろう…帰宅してすぐ乾いた物置に穂を広げて干しました。

昼寝してからもう一つの畑へ。時間が無くなったので撮影は忘れました。

海外原産の小麦の熟した穂を摘みました。少しでも種を確保したいのです。

今日は実家へのプレゼントとしてパンも焼きました。畑で穫れたばかりのミナミノカオリ小麦を材料に入れました。製パンの様子を撮れば良かったです。

ざっと脱穀して陰干し中のミナミノカオリ1合を家庭用精米機の白米モードで「精白」しました。ゴミとふすま少しを落とせます。

小麦をトレイに開けて息で穂軸などの異物を吹き飛ばしました。残った異物はピンセットで除きました。

家庭用のミル「よめっこさん」で1分くらい挽いてから粉ふるいに掛けてふすまを少しだけ除きました。実がまだ少し湿っていたからふすまが細かくなりにくかったと思われます。

小麦1合(144グラムくらい)からふすま入りの粉90グラムが採れました。市販の白い小麦粉(品種はキタノカオリ) 310グラムを加えてブレッドマシン(ホームベーカリー)で製パンしました。

(ほぼ)全粒粉が22.5%なのに今までで一番ふくらんだパンが焼けました。

明日パンを頂くなら画像を撮りますね。

(追記)つぎの日の朝おいしく頂きました。生地が緻密でした。次回はもっと自家製ふすま入り粉を増やします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする