大豆は健康に良くないかも

今日は市の健康診断を受診しました。台風18号が近づいていることもあって今日の受診を決めました。

最近ちょっと市販の加工肉が気になって買って食べています。加工肉は味つけされています。当然と言ってよいほど塩分が入っています。塩分は体内の水気を逃しません。普段より1、2 kgは体重が増えてしまいます。

健康診断の直前は加工肉を食べるべきではないですが…食べたいとき食べた方がストレスが少ないので…

そのうえ私は去年から経済的な理由で肉の代りに大豆を茹でて頂いています。

蛋白質をじゅうぶん摂るために鶏胸身200 gを食べれば100円前後は使います。でも安い輸入大豆なら10円ちょっとで済みます。国産大豆でも30円くらいで済むのではないでしょうか。

生の大豆は洗って半日ほど水に漬けてからいちど煮て茹で汁を捨てます。その後は圧力鍋で煮ます。海苔の佃煮などの海藻を少量まぜて温めれば普通に食べられます。植物で蛋白質を摂るのは一見かんたんです。

ところが。生大豆は脂質を2割ほど含みます。煮大豆では脂質8%くらいになります。

8%はなかなか高い数字です。鶏むね身や豚もも身なら脂質は無視できます(ほぼ0%)。Tボーンステーキでも卵同様に脂質は6%くらいです。

この高脂肪が私の体重を増やした主な理由です。

残念ながら20%ほどの脂質は容易に除けません。工業的にはノルマルヘキサン(ガソリンの主成分)で大豆油を抽出します。

ノルマルヘキサンと水は混じりません。だから私個人はヘキサンを使って脱脂した大豆を遠慮なく食べられます。しかし脱脂は大掛かりになります。なので家庭ではやりにくいです。

だからと言って…大豆油は私が楽しみたい油ではありません。アロマやフレーバーに乏しいですから。ナッツや胡麻やチーズの油脂を私は「鑑賞」したいです。

多くの日本人は「和食」や「日本食」にはヘルシーなイメージを持つのではないでしょうか。でも私はそうは思えません。

食べたらすぐ肉体労働をしたような先人たちなら油が多めの大豆を摂るのは理に適います。

しかし機械の発達でそれほど肉体労働をしないで済む私たちは煮大豆をたくさん食べる必要はあるのでしょうか? かえって健康を損ねるのではと私は思います。

少なくとも私は大豆油は摂りたくありません。アロマやフレーバーのあるチーズとナッツの油脂分を楽しみたいです。

現代人は無理に煮大豆を食べるより脂のほとんど無い鶏の胸身、七面鳥、ダチョウやカンガルーの肉などを楽しむ方がずっとヘルシーなのではないでしょうか。

とりとめのない話題になったかもしれません。でも食生活は私には敏感な話題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする