10月20日の2つの畑

島原では稲刈りが進んでいます。周りの田んぼは黄金色だったりはざ掛けが見られたりして様になります。

一方わたしの畑は枯れ始めた雑草が目立ちます。様になりません。画像は今日のぶどう畑です。畑の真ん中はクズで被われています。美しくありません。

ただ去年までとは景色が違います。昨年まではセイタカアワダチソウが林立して満開でした。今年は高く伸びた公害草をすべて抜きました。画像を良く見ると枯れて朽ち始めた残骸が散らばっています。

残ったセイタカアワダチソウはクズなどの雑草に呑まれて弱っています。根ごと抜こうとしても茎がちぎれます。来年は全滅してもおかしくありません。

セイタカアワダチソウを激減できた理由は地道に土地を肥やしたからでした。肥料(主に尿素)を何度も遣ると草が軟らかくなって抜きやすくもなります。肥えた土を好む雑草が畑を占拠し始めます。

畑でいちばんのっぽな草はアマランサスになりました。収穫が少しでもあれば良いですが。

ぶどう畑の角に生えた野生化したササゲを少し収穫しました。1〜2合でも採れたら調理したいです。

これはライ麦を栽培した跡地です。ナイロンコードで藁を少しずつ粉砕しています。来月にでも麦を蒔きたいです。

今日は電気柵の下と周りをいちぶ除草しました。この畑でいちばん大事なことはイノシシ対策です。漏電して効果が無くならないように電気柵の下と周辺は最優先で雑草コントロールします。

雑草を管理しやすいように電気柵の下と周りは土を肥やしています。キノコが生えるほど土地が肥えています。ハコベなどの軟かい雑草もいちばん頻繁に見かけます。

ここからはおかぼ畑の様子です。ネリカの穂がかなり黄色になりました。画像ではネリカL-15とアクネモチ(手前)が見えます。

昨日ネリカL-15の穂に稲霊(いなだま)を見つけました。コウジカビの塊です。

稲霊は2個みかけました。昨年は別の品種で見られた稲霊はマリモのように深緑でした。一方ネリカの稲霊はやや黄土色っぽいです。

ネリカは比較的そだちやすい稲です。しかしアジアイネに比べてあまり多くの種類の生き物を集めないようです。夕方ウスバキトンボが泊まったのをほとんど見ていません。

アクネモチ(古代米・緑米)は日に日に穂を垂れています。傾いたり倒れたりした株がありません。

ハッピーヒルも傾いた株が少しあるくらいです。株が倒れないのはこれら2品種だけです。おむすびが結べるのもこの両品種だけです。私はパラリとした米が食べたいのですが…

穂がとつぜん緑が抜けて熟し始めました。収穫は11月だそうです。ふつう陸稲は水稲より収穫が遅れます。でもハッピーヒルはそうでもなさそうに見えます。

おかぼの列の間では新しい雑草が生え始めました。肥えた土地に生えるハコベか?!と思ったらウシハコベのようです。まだ肥料分が足りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする